第一章「反乱軍」

―宇宙世紀190年、2月16日。


 俺はユウヤ…政府軍、第103特殊戦術機部隊の隊長を務める。
今日も退屈な訓練だ。隊長だというのに、暇だ。
現在、俺らは第110コロニーのユーコン基地で訓練飛行中だ。


ユウヤ「フォーメーション『アローヘッド・ワン』!」

「了解!」「りょーかぁい」「らじゃー」「はいはい」


 仮想敵機を次々と撃墜しながら、味方機とともに攻撃目標を破壊する。


「目標撃破!訓練終了!帰投しろ!」


 コマンドポスト
 C   Pからの訓練終了の告。


ユウヤ「イーダル1了解、帰投する。全機、帰投しろ!」


「「了解!」」


 その時、突如警報が鳴った


ユウヤ「何だ!?…CPへ、正体不明機接近中!」

「こちらCP、警告を無視した場合や攻撃意志が認められた場合は撃墜せよ」

ユウヤ「イーダル1了解。正体不明の敵機へ告ぐ。こちら第103特殊戦術機部隊。現在此処は我々の貸切となっている。他部隊の侵入は認められない。速やかに進路を変更せよ。繰り返す、進路を変更せよ。警告を無視した場合は撃墜する」


相手は戦闘機、E-24が5機。編隊を組んでいる。こちらは戦術機、壱式が4機だ。


「こちら反乱軍第一小隊隊長…我々はこの基地を落とす。そのために来た…」


ユウヤ「ならば、全力を持って阻止する。CPへ、相手には敵意がある。撃墜する」

「了解。第103特殊戦術機部隊、敵機を撃滅せよ」


ユウヤ「散開!敵機座標を送る!」

「「了解!」」

イーダル2(タケル)「へへっ、お前の相手は俺だぜ!」


 右腕の120mm突撃砲で1機を撃墜する。


イーダル3(ユイ)「貴方は私がッ!!」


 落ちはしないが、致命傷を負わせる。


敵隊員「喰らえ!!」


 E-24のJSMがイーダル2を襲う。


タケル「よっ」


ブーストで跳躍し、ミサイルを避ける。


タケル「オラオラァ!」


ユウヤ「すばしっこいな・・・モーターブレードでケリをつける。イーダル4、援護しろ!」

イーダル4(トロ)「へいへい」



 ユウヤがE-24の正面から向かい、モーターブレードを構え飛行する。



遊撃隊隊長「捉えた。各機編隊を組め!」


 1機いないため、不完全な編隊になる。


ユウヤ「俺が相手だ」

敵隊長「全機、ミサイル発射!」

ユウヤ「よっ!ほっ!」

ユイ「遊んでないで早く!」

タケル「そうだぞ!」

トロ「やっちまえぇ!」


 味方機の対空射撃で、敵機が2機落とされる。


ユウヤ「そーれっ!」


 敵機1機が両断。残りは隊長のみとなる


ユウヤ「全機、飛行して空中戦!」

「「了解!」」


 その後、隊長機はすぐに墜落した。


 基地に帰投したあと、反乱軍から宣戦布告があったことを知らされる。
敵はとあるコロニーへ集結し、我々政府軍へ攻撃を仕掛けるつもりなのだと・・・。



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-07-26 00:22:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード