最後に欲しかったもの

 四方に壁が張る、宇宙船のごとく俺の部屋。それは、俺もろとも俗世から隔離している。
八方にヒモが巡る、蜘蛛の巣のごとく女子の下着をぶら下げる。それは、俺を閉じ込め身動きを取らせない。
 俺は悟りを開き、醜き世界から脱出を果たした。――この世界に神がいるとすれば、それは俺のことだろう。
 神が持つ三種の神器のうちの一つ、パソコンをぼんやり眺めている。液晶には、裸の女が愚かに股を広げている映像が流れる。
 神に衣類は必要ない、幾戦を潜り抜けた俺にとって、衣類を纏わぬほうが身軽だからだ。
 俺は無敵。戦いの神。画面のこの女を支配し、嬲っている。
 「フフフ、ハハハ」
 俺は高揚感昂り、いよいよ有頂天になる。
 意気揚々、股間の一物に右手を伸ばす。
 ゆっくり……優しく……時に厳しく、撫で、摩る。
 心が落ち着く……アア、俺は今喘いでいる。
 じきに勃起をするだろう俺の一物に期待を込める。そうだ、いいぞ。頑張れ。
 このまま五分が経過した。自慰の途中は時間の流れが早いな。
 なおも俺は股間を擦る。というより、ちっとも膨らみださない今の一物は、こねくり回すと言ったほうが正しかったかもしれない。
 ポツンと、何も主張することなく置かれたオナホが放り出されている。俺はそれにチラリと目をやった。そろそろこれを使いたい。少しは立ちあがってくれないか?
 自慰を始めて十五分が経過する。――いよいよオカシイ。
 水に飢えた花のようにフ抜けた一物。
 パソコンに映る女がヘラヘラとマヌケ面を晒している。文字通りの恥部をホジくり回され凌辱されているこの姿に俺は興奮しているはずなのに……
 俺の意識は遠のく、自らが惨めな者であるとさえ思えてきた。
 ダイタイ、なんでこの女は犯されているのだろうか? どのような罪を背負ったらこんな目に遭う? 男はどうだ? こんなことして何になるっていうんだ……仮に何かあったとしても今、俺の一物は使い物にならない……
 俺は絶叫した。
 「アア! アァァァアアアアア!」
 パソコンに正拳突きでぶん殴り。画面で喘ぐ女もろとも粉々にした。オナホを両手で鷲掴みにして捻り、千切った。
 勃起ができない! アアアアア、こんな惨めな事があっていいのか。
 部屋中の盗撮写真を手に取る。あんなに楽しかったアレコレが今現在では俺の心を揺さぶらない。
 俺の体はどうしてしまったのか? 
 恐怖と絶望に駆られた俺は、階段を踏み抜く勢いで駆け下り、玄関まで突っ走り、ドアをぶち抜く。
 ――ドアを超えたらスタートのピストルが鳴り響いたような気がした。
俺は今全速力。全裸のままで。
 一向にそそり立たない一物を振り回し、全身に露出された無駄毛が風を切る。
 車道は俺の道と化し、俺はそのド真ん中を突っ走る。
 久しぶりの下界はなおも醜い。人通りも少なく寂れている。
 正面から走ってきた車が俺にクラクションを浴びせるが俺はそれを無視し駆け抜けていく。
 電柱に鎮座する烏もブロックに塀にくつろぐ猫も仰天し跳び上がった。
 バタバタと天地を揺らす俺はなおも叫ぶ。
 あいにくそれ以外に何も遭遇しなかったが、とうとう目的地にたどり着く。
 俺は急ブレーキをはだしの裏でかける。皮膚がめくれ大いに擦りむいた。
 ――ここは青砥駅。登下校、出勤に利用する学生や会社員が多く利用する、そういう時間帯でもあった。
 そこには若い女子が多かった。
 俺はおもむろに声をあげる
 「アア! オォイ! 俺を見ろ!」
 その場の数十人が俺のスバらしき裸体に注目した。具体的に言えば、当然のごとく、下半身の一物に。
 わずか三秒の静寂、俺にはそれが数時間にも感じられた。
 俺は「フッ」とほくそ笑んだ。
 この静寂をビリビリにぶち破ったのはセーラー服の女。文字通りキャアという悲鳴を上げ、狂いだした。それから場は騒然とする。
 「アアアアア、アハハ! アハハハ!」
 そうだ! 俺が求めていたのはこれだ! なんて痛快きわまりない! キモチイイ!
 じきに警察官がやってきた、俺は取り押さえられるだろう。これからの事はあまり覚えていない。
 警察が俺の背後に寄り、羽交い絞めにした。その衝撃で下を向く。
 「アハハハ、俺はこのために生まれてきた」
 ――俺の一物はギンギンに膨み、立派にそそり立っていた。

  • 最終更新:2016-07-10 23:24:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード