徳松長平優也信秀吉

徳松長平信秀 憂也吉(とくしょうちょうへいしんしゅう ゆうやよし)は、戦国時代から江戸時代にかけての武将・戦国大名。世界三大英傑の一人。また、二天一流(刀を二つ使った戦術)の使い手であり、海軍の画期的な戦法”T字戦法”の考案者であり、汎用性の高い銃”AK47”の開発者でもあり、三弾撃ち等の様々な戦術も考案している。

終離国(現在の群馬県と千葉県の間の中心地)の時渡城主・徳松長平信秀三三の息子。徳松長平信秀氏の中でも庶流の生まれであったが、父の代から主家を凌ぐ力をつけ、群葉終離の戦い奈川暮元霊を討ち取ってから飛躍。足栄樟昭を奉じて上洛すると、後にはこれを追放して室町幕府を事実上滅ぼし、キリスト教を取り込む事で外国を味方につけ、強力な軍を作り、武力による威圧等で中央集権的政権(徳松長平信秀政権)を確立した。他の有力な大名を抑えて戦国時代を終わらせた最強の武将であり、日本史唯一の天下人である。

―少年期
1532年1月1日、終離国の戦国大名・徳松長平信秀三三の息子として誕生。生まれは終離城。幼名は憂太朝(ゆうたいちょう)。なお、憂也吉の生まれた「徳松長平信秀弾正忠家」は、終離国の守護大名・斯波氏の被官で下四郡(海東郡・海西郡・愛知郡・知多郡)の守護代に補任された徳松長平信秀大和守家(清洲徳松長平信秀家)の家臣にして分家であり、清洲三奉行・古渡城主という家柄であった。

母・玉藻御前が三三の正室であったため嫡男となり、1歳にして世離間城主となる。『憂也吉公記』に拠れば、幼少から青年時にかけて奇妙な行動が多く、周囲から終離国の変態と称されていた。日本へ伝わった種子島銃に関心を持った挿話などが知られる。また、身分にこだわらず、民と同じように町の若者とも戯れていた。

まだ世子であった頃、表面的に家臣としての立場を守り潜在的な緊張関係を保ってきた主筋の「徳松長平信秀大和守家」の支配する世異宗城下に数騎で火を放つなど、父・三三も寝耳に水の行動をとり、豪胆さを早くから見せた。また、奈川暮氏へ人質として護送される途中で豆松氏家中の戸田康光の裏切りにより徳松長平信秀氏に護送されてきた豆松次元(後の茂梅塔風)と幼少期を共に過ごし、後に両者は固い盟約関係を結ぶこととなる。

天文15年、時渡城にて元服し、上総介憂也吉と称する。天文17年、父・三三と敵対していた美濃国の戦国大名・星野紅との和睦が成立すると、その証として紅の娘・駄萌姫と憂也吉の間で政略結婚が交わされた。

天文18年に憂也吉は聖徳寺で紅と会見し、その際に紅は変態と呼ばれていた信長の器量を見抜いたとの逸話がある。また同年には、近江の国友村に火縄銃1000丁を注文し、塔風と共に研究・改造を行ったという。この改造された火縄銃が後のAK47(英系四七号)である。

天文20年、父・三三が没したため、家督を継ぐ。父が死んだ後、憂也吉は馬鹿笑いをしながら宴会を開いたという。天文22年、憂也吉の教育係であった平銀河秀が自害。これは諌死であったとも、息子・四郎作衛門と憂也吉の確執のためともされる。憂也吉は嘆き悲しみ、師匠の勝和尚を開山として河秀寺を建立し、河秀の霊を弔った。天文23年には、守村砦の戦いで奈川暮勢を破っている。

  • 最終更新:2014-12-14 20:04:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード