優也「戦車道?」第2話

―2日目。


優也「遅れた!!」


蝶野「バカか。まだ20分前だぞ」


優也「えっ、マジで」


時計を見る。確かに20分前だ。


助かった。




優也「クッッソ暇やん……」

お茶おいしい。


蝶野「のんびりお茶でも飲んでる暇があるか。時間があるなら少しでも奥の知識を叩きこめ」


優也「教官。まだ20分前ですよ」


蝶野「……そうか。だが、実戦になったら1分1秒が惜しい状況となる。混乱しないよう、知識を増やしておいたほうが良いと思うがな」


優也「じゃあ教官。チョルヌイについてるアクティブ防護システムの名前はなんですか」


蝶野「馬鹿にしているのか?アイアンフィストだろう」


優也「……」


蝶野「ほら、さっさと勉強してこい」



優也「いや……チョルヌイについてるのってドローストじゃないすかね……」


蝶野「何を言っているんだ。どう見てもアイアンフィストじゃないか」


優也「形は似てる……とも言えないけど、そもそもアイアンフィストってイスラエル製ですし」


蝶野「そ、そうだったか……?」


優也「ま、いいですよ。勉強してきますよ」


うーむ。こんなのが教官で大丈夫なんだろうか。



ま、いいか。


さて、勉強勉強……といっても何すればいいんだろう。戦車にでも乗ってればいいのか



優也「きょうかああああああああああああああああん!!!!!!!!!!!!!!」


蝶野「何だー?あんまり叫ぶなよー」


優也「先に戦車乗ってきていいすか」


蝶野「うーん、全員到着してから一斉に乗せるつもりなんだが……まぁいい。乗ってこい」


よし。

えーと、俺は10式戦車だから……まぁ分かる。ど真ん中にあるあの少し小さめの、キャタピラが見えない方だ。



キャタピラが見えてるのは第二次世界大戦に開発されたMBT-70だな。


ま、後で紹介されるだろうし早速10式に乗ってみるとしよう。


優也「よっこいしょ、っと……」


よじ登る。


カコン、と靴が装甲を蹴る。



車高は2mほど。あまりいい景色とはいえないかな。何故か少し笑って、あたりを見回してみる。


普段とあまり変わらない景色だ。


ま、いいや。さっさと入ろう。




ハッチをあけて、にゅるり、と入っていく。


目の前に小型のディスプレイがある。


これが噂のC4Iシステム……だったかな。ちょっとわかんね



目の前には運転席と砲手席。



しかし、聞いてはいたが、やっぱり狭い。


俺は車長だから、今自分がいる所の席で……


砲手の百合がここで……通信手は……あれ。ないな。


ここはどう見ても運転手だよなぁ……そういえば運転手決めてないじゃないか。



どうしよ




まぁ、後で決めればいいか。


そのとき、上の方から声がした。


??「ゆーやさーん、いますかー?」



この声は・・・百合かな



優也「ん。いるよ」にょきっ


百合「わあっ!いきなり出てこないでくださいよ」


優也「呼んだのはそっちじゃないか……」


百合「そうですけど!いきなりすぎますよ!……それで、えっと……教官が呼んでましたよ」


優也「わかった。すぐいく」


百合「遅刻の罰がどうとかーっていってましたけど……遅刻したんですか?」


優也「?俺は20分前に来て教官の許可もらって今まで戦車の中にいたんだが……」


百合「あれれ?じゃあなんででしょう」


優也「しらね」



蝶野「優也。遅刻だぞ」


優也「?俺は20分前には来ていたが……」


蝶野「馬鹿か。時間までに整列していなかったら遅刻だろう」



優也「……ふむ。一理ある」


蝶野「分かったらさっさと並べ。今回は戦車の説明をするからな」



整列。


号令がかかる。


気をつけ、お願いしますッ!



で。




説明の内容をざっと書くと、戦場に於いての戦車の役割だとか、長所だとか、簡単な説明だけ。


詳しくは後で、とりあえず乗るそうだ。




今は、全員が配置についた状態。


餡蜜はとりあえず、運転手にした。


通信はC4Iシステムで行うからねー。


蝶野<<各車両。応答せよ>>


餡蜜<<聞こえています>>


??<<2年、聞こえています>>


??<<きこえてまーす>>


蝶野<<よし。まずは直進からだ。各車両運転手は――>>




ひと通り、移動訓練については終了。


流石10式、機動力抜群だなー、と思う。


1年がちょっとモタついてたけど、どうにかなるだろう。



これで、今回は終了。


次回は砲撃らしい。


百合の出番だな。



俺のほうでもタッチパネル操作で砲撃できるんだけども。



ま、とりあえずまた今度だな




コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-05-29 19:26:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード