優也「幻想郷?」第十章

天使「優也さぁーん?」


優也「何だよ」


天使「庭に置いてあったこれ、なんですか」


優也「モアイのランプだけど」


天使「センスを疑いますよ・・・」


優也「何でだよ。いい形だろ」


天使「不気味ですよこれ」


優也「妖夢の自信作らしいぞ?」


天使「妖夢さんが作ったんですかこれ」


優也「うん」


天使「妖夢さんのセンスも疑いますよ」


優也「天使がおかしいんじゃないの、ほら住んでる世界違かったし」


天使「けど私、天使の中では人間に詳しい方ですよ?」


優也「間違いを覚えて来たのかぁ」


天使「ええ」


優也「あ、そういや妖夢がまた新作作ったんだとか」


天使「なんで彫刻なんてやってるんでしょうね・・・」


優也「知らね」


白玉楼
幽々子「あら、いらっしゃい」


妖夢「こんにちは」


天使「こんにちは」


優也「あぁ。で、妖夢の新作は」


妖夢「これですよ、これこれ」


天使「ナニコレ...」


優也「ふむ、逆さまの土下座で体中から何かを噴き出しているようだ」


妖夢「そうなんです。ちなみに出てるのはカレーです」


天使「えぇ」


優也「なるほどこれは興味深い・・・芸術だな」


天使「えぇ」


妖夢「そういってくれるとうれしいです」


天使「私にはよくわかりませんが・・・」


優也「天使はお馬鹿だからな、理解できないのだろう」


天使「優也さんよりは頭いいと思いますけどね!?」


妖夢「まぁまぁ、人それぞれですからねぇ」


優也「しかし、芸術だなぁこれは」


天使「何でカレーが全身から噴き出してるんですか・・・?」


優也「それはあれだろ、宇宙の広がりを表しているんだろ」


妖夢「あ、よくわかりましたねー」


天使「まったくわからない」


優也「そんなバナナ」


妖夢「まぁ、感性は人それぞれですから」


天使「分かる人が居ることがわからない」


優也「で、これももらえるの」


妖夢「置く場所がないですからね、もらっていただけるとうれしいです」


天使「ええ」


優也「おk,ありがとな」


MY HOME
優也「玄関に置いておこう」


天使「センスが・・・」


優也「まぁいいじゃん、うつくしくなる」


天使「棒読みしました?」


優也「してない」


天使「えでも」

優也「してない」


天使「分かりましたって。じゃあこれは・・・うん・・・このままに・・・」


優也「動かす気だったのかよ」


天使「だって玄関に置くのはちょっとどうかと」


優也「けど気が変わったんだろ?」


天使「優也さんは止められなさそうなんで」


優也「まぁな」


ツルッ


天使「えっ?ちょ」


ゴチーン



天使「いたい」


優也「いたい」


優也・天使「は?」


天使「何で俺がいるんだよ」

優也「なんで私がいるんですかね」


天使「わけがわからん」


優也「一体何なんでしょうね・・・入れ替わっちゃった・・・?」


天使「せやな」


優也「どうするんですかこれ」


天使「知るか」


優也「能力で戻しちゃってくださいよ」


天使「できない」


優也「なんでですか」


天使「発動しない」


優也「何でーーーーーーーーーーーーーーーーーーーたじお4あじょprk5h5q4dhpt45おymq4ぽ」


天使「ん?待てよ・・・今天使の体ってことは」


優也「ちょやめ」


天使「・・・」ピラッ

ワーオ

ツルーン


優也「・・・」


優也「殴りますよ?」


天使「やめていまわたしかよわい」


優也「ならもうやめてくださいよ」


天使「けどこれで風呂入るんだぜ」


優也「うわあ」


天使「やったぜ」


優也「やっぱり殴っていいですか」


天使「やだよ」


優也「とりあえず、どうすれば」


天使「風呂」


優也「だから・・・」


天使「けどもう夜になりそう」


優也「・・・」


天使「な?」


優也「しょうがないですね」


FU RO
天使「そういえばいつも一緒に入ってたよなぁ」


優也「けど恥ずかしいです」


天使「生えてない」


優也「沈めますよ」


天使「こわい」


BED ROOM
天使「寝るか」


優也「そうですね・・・おやすみなさい」


天使「あぁ、おやすみ。明日には治ってるといいな」


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-11-10 22:50:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード