優也「地球?」第一章

第二弾


地球に来てすぐのこと。


優也「元いた星とほとんど変わんねえじゃん・・・」


天使「そうですね。変わっているところといえば重力ですね」


優也「難しい話は僕には通じませーん」


天使「体重が軽くなったってことですよ」


優也「なにそれこわい」


天使「ああ、うん・・・はい・・・」


優也「で、家とか親とかどうすんすか」


天使「能力あるじゃないですか」


優也「ああ、うん・・・」


優也「これ結構体力使うんだよ」


天使「そうなんですか?」


優也「エースオンラインでCSP連打するくらい」


天使「ASP使ってろ!」


優也「(´・ω・)」


どんどん話がずれていく。どうしてこうなった


そんなこんなでいろいろあってかくかくしかじかで優也達は幻想郷に行く事になった。
天使「変な生き物がいるんじゃないんですか」


優也「暇だから退治しに行くんだよ察しろ」


優也「行くぞ」


天使「え、もう行くんd」バヒュンッ


黒の剣と白の剣の二刀を背に備え、キ●トみたいな感じで戦闘に挑む。



が、見えてきたのはいつも通りの幻想郷。
変な生き物なんてどこにもいない。


よく考えたらどこも繋がってないからこっちに来るわけがない。


つまり妖夢は無事だろう


優也「・・・。」


天使「あのー、すっごく平和な幻想郷なんですが・・・。」


優也「ものっそい平和やんけ何これ」


天使「作者が面倒だから適当に設定つけた結果がこれですよ」


優也「しょうがないだろ・・・五つで一つなんだから・・・。」


メタ発言連発しながら白玉楼へと足を運ぶ。


優也「おはようむー」


妖夢「おはようむーって何言わせるんですか」


天使「何だこいつら」


妖夢「今日はお二人でどうしたんですか?」


優也「かくかくしかじかようむかわいい」


妖夢「人間界は大変ですねー」


天使「私天界出身だけどねー」


幽々子「あらあら優也君じゃな~い。どうしたのその子?彼女?もうやっちゃった?」


妖夢「ゆ、幽々子様そのようなことを言ってはッ」


優也「キャラ変わりすぎだろ・・・」


幽々子「それで、何のようかしら?」


優也「かくかくしかじかゆゆこのおっぱい」


幽々子「あらそうなの~」


優也「ま、やることが無くなったがな。」


妖夢「せっかく幻想郷に来たんですし、私ともう一回戦ってくれませんか?」


優也「えー、天使やれよー」


妖夢「優也さん体調悪いんですか?」


天使「変な生き物相手に無双したかったのに相手がいなくて落ち込んでるんですよたぶん」


優也「いや、だってさーやりたいじゃんそういうのー」


妖夢「分かります。じゃあ、天使さん、一戦いいですか?」


天使「いいですよー」


幽々子「私達はこっちでお茶でも飲んでましょうか」


優也「そうですな~」


数分の休憩時間を経て、戦闘開始。


優也「いざ尋常に~はじようむ!」


天使「はじめって言おうよ・・・」


ズバァッ!いきなり飛んでくる妖夢の件から出た青い波動。戦国無双で見たことがあるような(ry


天使がそれを避け、空をとぶ。


腰から白っぽい銃を取り出し発砲。


銃じゃねぇ!弓矢か!!近代化してるけど古いなおい。


妖夢「よっ!やっ!てやっ!」キンキンキン!!


優也「ふーむ。弓矢を弾くか」


幽々子「妖夢なら銃弾でも弾けるわよ~」


リロード動作。隙が生まれる。そこで妖夢が楼観剣で突撃横切り。
つか矢は一発装填かよ。ボウガンにしろよ


ズバッ!


妖夢「決まった」


天使「残像だ」ギュオオオオオオオン!!!!


なんかすげえ神聖な光的なものが出るなんか神聖な攻撃を行なっている。手加減無用かよ


妖夢「残像だ」ギュイイン!!!
お前も残像か。


優也「なんだこいつら・・・」


幽々子「あらあら、ふたりとも遊んでるわね~」


天使の聖なる光が終了すると、妖夢が二人いることに気づく。同時に犯されたい


天使「分身・・・!?」


妖夢「行きますよ」ズババババババ!!!


天使「っ!」ガキンガキン


ダブル妖夢のコンビで防戦一方の天使。


妖夢「まだまだ!」ズババババババ!!


天使「っ・・・ぐッ」


ついに防御が敗れ、天使の負け。それでも天使かと。


優也「妖夢、手加減しただろ」


妖夢「バレてましたか」


天使「手加減であの強さなの・・・?」


優也「いやお前が弱いだけだろ・・・」


幽々子「私なら動かないでも勝てるわ」


優也「幽々子サンスゲエ!」


天使「うー・・・」


優也「うーで思い出した。レミリアのことすっかり忘れてた」


天使「?」


優也「最初はレミリアとの決戦書こうと思ってたのになんでここまでズレたんだ!?途中でメタルギアとかどうなってんだ!?」


妖夢「いろいろあったんですよ」


幽々子「いろいろとね、ふふっ」


優也「とりあえずレミリアと決戦だ!」

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証


  • 最終更新:2012-11-25 21:02:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード