優也「入れ替わった?」第八章

優也「天使ー」


天使「はいはい、どうしました?」


優也「新技できた」


天使「新技…ですか?」


優也「刮目せよ……ギルティ・流星剣!」

ズバッ



天使「普通ですね」


優也「うるさい」


天使「ギルティって罪深い…とかそういう意味でしたっけ。なんで流星剣付けるんですか…」


優也「かっこよくない?」


天使「ギルティソードのほうがまだマシですよ」


優也「いいなそれ」


天使「お前の罪を教えろ……ギルティソード!なんて♪」


優也「なんでノリノリなんだ天使」


優也「まぁそんなこたぁいいんだよ」


天使「えっ」


優也「最近レミリアの出番少なくない?」


天使「少ないですね」


優也「あいつ今何してるか気にならない?」


天使「ならないですね」


優也「ハイ、行きまーす」


天使「無視ですか!?」


優也「ここに居てもやること無いでしょ?暇じゃん」


天使「まぁ…そうですね」


優也「行くぞ紅魔館。レッツゴー紅魔館だ」


天使「お、おー!」



紅魔館・正門

天使「あら?」


優也「ん」


天使「誰でしょう、あの娘」


優也「どこに幼女がいるんだ」


天使「幼女って…女の子ですよ女の子」


優也「俺のレーダーには何も反応しないが…」


天使「だーかーら!あそこにいるじゃないですか!」ビシッ!


優也「あー?ありゃ男だよ」


天使「え?」


優也「俺が反応するわけないじゃないか。男だもん」


天使「女の子でしょう」


優也「どーみても男。あんなんに興味はない」


天使「まぁいいですけど…誰でしょうね?」


優也「さぁ。ま、いいんじゃね。ただの一般市民だろ」


天使「うーん、でもなんか変な感じがするんですよね」


優也「何だ、実はあいつが男装女子だったらとかいう妄想して一人で発情してるんじゃないよな?」


天使「そんなことしませんって!」


優也「ならよし。さっさとレミリアに会いに行こうではないか」


天使「うーん、そうですね」



紅魔館

レミリア「あら?珍しいわね」


優也「おう。暇だったからな」


天使「お久しぶりです」


レミリア「調度いいわ。私も暇だったの。ねえ、久しぶりに弾幕ごっこでもしない?」


優也「マジか。いいぜ」


天使「あ、じゃあ、わたしも」


レミリア「あら?個人戦かしら」


優也「マジか。いいぜ」


天使「へ?個人戦?」


レミリア「面白そうね。そういうのはやったことないのよ」



優也「よし始めよう」


レミリア「いいわよ、来なさい」


ォォォォォン....

両腕、翼を開き、上方向からの弾幕。

カリスマだ。カリスマがある。


右には天使。まずどうするか?


Beretta92召喚。まずはこれだろう。


レミリアからの弾幕が届く。

左に避ける。


視界の隅に天使をいれつつ、レミリアに発砲


レミリア「ふっ」ヒョイ


避けた。まぁ当たり前。しかし弾幕は止まらない


その時天使からの銀の矢が届く


首を後ろに倒して回避。


やるじゃないか


レミリア「回避ばかりで楽しいかしら?」


まずはあの弾幕を止めなきゃ何も出来ない


優也「生憎、Mじゃないんでね」


弾幕を回避しつつ接近。


後方に弾幕を散らしつつレミリアが逃げる。


右、下、と避ける。照準合わせ


ホワン


レミリア・優也「結界!?」


レミリアと優也を巻き込んでの緑色の結界。


天使「楽しそうですね、お二人とも」


天使か。忘れてた


レミリアの弾幕が止まる。


レミリア「こんな結界……魔槍「スピア・ザ・グングニル」」

紅の槍。

レミリア「ふんっ!」ブオンッ!


キンッ!


弾かれたようだ。


レミリア「くっ、堅いわね」


さて、どうするか。ここでレミリアを仕留めてもいいが……


ま、やっちゃうか


タン!タン!


動きが早い...暴れている?


当たらない。


ん?天使がなにか唱えている


優也「やばそう」


結界の中心が光ってる。


そこから、何本ものレーザーが飛び出す。


それが結界に跳ね返り、また跳ね返り、弾幕と化す


レミリア「ふんっ、こんな弾幕!」


パアアアア...


相殺か…やりおる。しかし危ないな、俺まで巻き込まれそうだ


ヒョイヒョイ、と避ける。


ふーむしかしどうすればいいものか



弾幕をよけつつレミリアに接近。


レミリアがグングニルを構える。


弾幕は止まらない


左、右、とフェイントを入れつつ接近


二艇拳銃での高速弾幕を、レミリアが避ける。


右、弾切れか



レミリア「あら?弾切れかしら」


マガジンリリース

召喚


射撃再開



天使のレーザーとレミリアの弾幕をよけつつ更に接近。


右のBerettaを捨て、聖剣エクスカリバー召喚


弾幕を斬る


ザンッ!ザンッ!

タタン!!


距離、数m


レミリアが結界を蹴り、こちらへ急接近。


予測できなかった


防御態勢。


ガンッ! グングニルが当たる。



振り払い、斬撃の後に射撃。


避けられたか、横に回転してグングニルが来る。


下に回避。


そこに天使のレーザー。


ザンッ!


相殺。が、隙を与えたことになるか


フォンッ!と、グングニルが首もとをかすめる


レミリア「あら、よく避けられたわね」


優也「ああ、甘かったな!」


結界を蹴って突撃。


正面から来るグングニルを避け、左に避けつつ剣を水平に、腹に打ち込む



背後に回りヘッドショット。

レミリア、脱落


残るは天使か



しかしこの結界を抜けねば天使には攻撃できない


さっきからチマチマ飛んでくる反射レーザーもうざい


結界…破壊してやろうじゃないか


能力発動。攻撃力上昇バフⅩ


弾種変更。超高火力弾(徹甲)


優也「ブチ壊してやる。この世の全てを」


ダンッ!!!


バキッ


バキバキ


天使「ウソッ!?」


結界破壊。



弾種変更。通常弾



具現せよ。翠緑の天帝グリムシルフィ


天使「!」


風の槍。俺は紅の槍。


ザンッ!


同時に飛び出し、天使に向かう。


音速を超えるその突貫は全てを貫き、天使もろとも空間を貫く。


グリムシルフィソードクロス。



優也「決着あり、かな」



天使、レミリアを蘇生。


ん?レミリアに蘇生が効かない



天使「うー」


優也「なあ天使、レミリアを蘇生できないんだが」


レミリア「ちょっと。何言ってるの。私は死んでないわよ」


優也「あれ。なんで」


レミリア「バカね…残機あるじゃない」


優也「ああ、そうか」


レミリア「この後どうする?一汗かいたしお風呂入っていく?」


優也「あぁ^~いいっすねぇ^~」


レミリア「じゃ、貴方あとでね」


優也「は?」


レミリア「何言ってるの。混浴じゃないのよ」


天使「お先に失礼しますねー」


レミリア「上がったら淹れさせてあげるから。紅茶でも飲んでなさい」


優也「マジか」









  • 最終更新:2014-08-08 17:23:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード