優也「入れ替わった?」第五章

天使「ぐぬぬ」


優也「ぐぬぬ」


天使「渡しませんよ」


優也「元々俺のモンだろ。返したまえ」


天使「ぜったいにいやです」


優也「いいから返せ」


天使「ダメです。優也さんにはまだ早いんです」


優也「早くない。問題ない」


天使「おかしいでしょう、アナルビーズなんて」


優也「あのな……人は、変われるんだ」


天使「ダメです」


優也「大体、これを買うきっかけになったのはお前だぞ」


天使「知りません」


優也「な?返してくれよ」


天使「ダメです」


優也「そんなもん取ってどうすんだよ」


天使「私が使います」


優也「もっとダメだよ!!」


天使「そんなに返してほしいんですか」


優也「返してほしいね」


天使「いいですよ?勝負に勝ったら、ですけど」


優也「どんとこい」



天使「ここにCCレモンの入ったコップが二つあります」


優也「あるね」


天使「どちらにも利尿剤が入ってます」


優也「なんと」


天使「二人で同時に一気飲みして、より長く耐えたほうが勝ちです」


優也「俺のおもらしなんて誰得なんだよ」


天使「あら、弱音を吐くなんて珍しい」


天使「私に勝てないと思ってるんですね、あの優也さんが」


優也「うるさいな」


天使「どうします?やるんです?」


優也「やるよ」


天使「じゃあ、飲みましょうか」ヒョイ パス


優也「待ちたまえ」


天使「なんです?」


優也「交換しよう」


天使「あっ、警戒してますねー?いいですよー」ヒョイ


優也「ああ」


天使「行きますよ。せーのっ」

優也・天使「んっ」ゴクッ



天使「勝負、開始ですよ……!」



10分後。
天使「んっ……」モゾモゾ


優也「くぅっ!……」モゾモゾ


天使「ど、どうしたんですか……もらしますか……?」


優也「ふんっ、お前こそ……漏れそうじゃないか……」


天使「まだ、やれますっ……」


優也「ああ、俺もだ……」


更に10分後


天使「くぅぅうっっ………!!」


優也「ハァァァッッ!!……」


天使「まだ、行けますッッ!!」


優也「な、なあ……」


天使「なんっ、ですかぁっ……」


優也「一緒に……トイレの前まで……歩こうぜ……」


天使「ずいぶんっ……弱気ですね……っ!」


優也「……歩けっ……ないのか……?」


天使「っ……そんなっ……ことは………」


優也「じゃぁっ……いこうぜ……へへっ」


天使「……いいですよ……」




優也「やっぱ勝負やーめた!」スタコラサッサ


天使「えっ……え……?」


トイレ
優也「ふぁぁぁぁぁ……………」チョロロロロロロ


天使「ゆ、ゆうや……さんっ……あぁっ……」


優也「んひぃ……」


天使「しょう、ぶっ……おわった……なら……早く……あの……でて……」


優也「んはぁん………」


天使「やぁっ、もれちゃう……だめ……」


優也「外は晴れてるよ」


天使「ううっ、ひどいっ……ゆうやさん……あけてぇ……」ガチャ...


優也「はいってまーす」


天使「ふぇぇ……でてぇ……」ドンッ...


優也「はいってまーす」


天使「や、あぁ……でちゃう……でちゃうよぉ……ひえぇぇ……」ポタ


天使「やらぁっ!でひゃうぅぅぅっ………ひえぇぇ……やぁ……」チョロ


天使「ふぇぇぇぇぇぇぇぇ…………」チョロロロロ


ガチャリ


優也「……」


天使「ううっ、ぐすっ………ひどいです……」チョロロ


優也「……」


天使「あ……やらぁっ、まだ……でちゃうぅ………」ジョワァ


優也「廊下で漏らすとかさ、恥ずかしくないの」


天使「ゆ、ゆうやさんが……でないから……ひうっ」


優也「お前が耐えられなかっただけだろう、ほら」サワッ


天使「ひゃあっ!やだぁ、だめっ、……なでないで……おなか……」


優也「どうした?どこか痛いのか?」


天使「やめっ、てぇっ……あぁ……でちゃう………いやぁ……」ジョワワワ


優也「おいおい、どんだけ出してるんだよ?俺の靴下が黄色くなるぞ」


天使「もう……やらぁ……」


ジョワァァァァァァ



優也「ついに全部漏らしたか……」


天使「ぐすんっ」


優也「俺が拭いといてやるから。風呂入ってきたら?」


天使「そう、します……」


20分後
優也(おしっこは全て回収させてもらった)


天使「…………」プンスカ


優也「なんで怒ってんの?」


天使「優也さんが悪いんですよ」


優也「勝負を持ちかけたのは天使です」


天使「でも、あそこで優也さんが早くでてくれれば……」


優也「俺のトイレは長いんだ。我慢しな」


天使「そ、それにあのあとお腹さわったり……」


優也「天使のお腹は柔らかくて好きだぞ」


天使「っ……ひどいです……」


優也「まー……わるかったって」


天使「……」


天使「いいですよ。……ご飯にしましょう」


優也「おっ、そうだなぁー





10分後
トイレ前

優也「あけてえええええええええええええええええええええあけてええええええええええてんしいいいいいいいいいいいいやあああああああああああびええええええええええええええええええええん」


天使「ふんふんふふーん♪」


優也「びええええええええええええええびえええええええええええええええてんしいいいいいいいいいいあけてえええええええええええいやああああああああああああああああ」ドンドンドンドン



天使「うるさいですよー♪」


優也「もうゆるじでえええええええええええええええええええわるかったからあああああああああああああああああああ」ドンドンドンドン


天使「漏らしたら許します♪」


優也「びえええええええええええええええ」

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証








  • 最終更新:2014-04-29 14:21:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード