優也「入れ替わった?」第七章

天使「優也さーん」


優也「ほい」


天使「ご飯作りますよ」

天使「何食べたいですか?」


優也「ん。鯛粕で」


天使「はーい」


天使「じゃ、材料よろしくお願いしますね」


優也「おう。はい鯛」


天使「はい?」


優也「何だよ」


天使「鯛粕って、鯛じゃないですよ?」


優也「何言ってるんだ。鯛だから鯛粕って言うんだろうが」


天使「それがなんと鯛じゃないんです。見た目は赤いですけど」


優也「そうなのか?」


天使「はい。赤魚鯛っていう魚なんですよ」


優也「鯛じゃねーか」


天使「へぁっ!?」


優也「鯛じゃないですか・・・」


天使「違いますよ。これ、鯛ってついても鯛じゃないんです」


優也「お前それ詐欺だから」


天使「そんなの昔の人に言ってくださいよ」


天使「これ、カサゴ目フサカサゴ科なので鯛じゃないんですよ」


優也「うーん?じゃあなんで鯛っていうんだよ」


天使「見た目が赤いからじゃないですかね?」


天使「日本人って昔から鯛好きですからね。赤かったから鯛ってつけちゃったんでしょうね」


優也「ふーむ、無駄な知識が増えたな」


天使「ふふっ」


天使「はい、出来ましたよ」


優也「え?俺鯛しか出してねーけど」


天使「鯛で作ってみました。他の材料は冷蔵庫に有りましたし」


優也「ふむ。では食してみるか」


優也・天使「いただきます」



優也「あ、美味しいこれ」


天使「でしょー?」


優也「意外と料理上手いんだな」


天使「もー。いつも作ってるじゃないですか」


優也「まぁそうだが。ちょっと違う食材でもここまで美味しく出来るってのは凄いと思うぞ」


天使「ふふ、褒めたって何もでませんよ?」


天使「あっ骨」


優也「骨が出たな」


天使「あげます」ピトッ


優也「いらねーよ骨なんて」


天使「え、いらないんですか」


優也「じゃあ鱗あげるわ」ピトッ


天使「あっ嬉しいですっ」


優也「えっ」


天使「隙ありっ、身もらいっ!」


優也「ああああ!?」


天使「ん~っ、美味しいっ!」モグモグ


優也「じゃあ俺は・・・天使をもらっちゃおうかな」


天使「んにゃっ!?」


天使「しょ、食事中ですよ!?」


優也「冗談。どうした、そんな顔して」


天使「いえ、なんでもありませんけど・・・」


優也「ひょっとして、期待した?」


天使「してないです!」


優也「だよな。清純な天使がそんな淫乱な子なわけないし」


天使「うっ・・・」カアアア


優也「顔、真っ赤だけど」


天使「こっ、これは・・・そうです!鯛です!」


優也「・・・頭大丈夫か?」


天使「なんでもないですっ!」


天使「さっ、早く食べましょう!」


優也「んー、怪しいなぁ」モキュモキュ


天使「ところで優也さん」


優也「ん」


天使「期末テスト終わったんですよね」


優也「メタいな」


天使「結果どうだったんです?」


優也「ん。平均70くらいでクラス4位、学年13位だよ」


天使「あら、中々・・・」


優也「勉強はしてないけどね」


天使「えっ、してないんですか?」


優也「前回赤点だった日本史もワーク1ページ半しかやってないけど60点くらい増えたし」


天使「どういう頭なんですかそれ・・・」


優也「さあ。授業態度が良いからじゃないの」


天使「隣の女子にセクハラ発言しかしてないのにですか?」


優也「後ろ、もな」


天使「ああ・・・周りの男子も巻き込んでましたよね」


優也「まぁね」


天使「なのにあの点数ですか」


優也「余裕でしょ」


天使「勉強したらオール90行くんじゃないですか?」


優也「いやだよ」


天使「えっ」


優也「赤点じゃなきゃいい。それ以上は無意味だろ」


天使「えー・・・もったいない」


天使「それだけの点数叩きだすということは、成績も・・・?」


優也「10が2つ。平均評定7.6」


天使「ひええええ」


天使「本当に中身どうなってるんですか」


優也「しらね。普通と変わらんと思うよ」


天使「頭おかしいですよ、色んな意味で」


優也「よく言われるわ」


天使「x^2+10x+5を平方完成すると・・・?」


優也「(x+5)^2-20」


天使「わお、即答・・・」


優也「ナメてるとしか思えない問題」


天使「未
   レ ダ
   来」

優也「未だ来ず」


天使「で、ですよねぇ・・・」


優也「簡単でしょ」


優也「で、鯛粕食い終わったけど天使は食わんの」


天使「あっ、忘れてました」


優也「ん」ヒョイパク


天使「あっ!?」


優也「さっき食われたお返し」


天使「ぐぬぬ」


優也「はよ食わんと無くなるぞ」ヒョイパク


天使「もー、食べないでくださいよぉ!」


優也「ほれほれ」ヒョイ


天使「ほいっ」ガード


優也「甘い」ヒョイパク


天使「にゃああっ!?」


優也「ほら、遊んでないで食いなさい」


天使「じゃあ食べないでくださいよぉ!」


優也「いやです」ヒョイパク



優也「あっもう無い」


天使「にゅー、半分しか食べられなかったぁ」


優也「しょうがないな・・・」

チュッ


天使「んんっ!?」


プハッ


優也「口移し」


天使「あっ、あのっ、え・・・何あっ・・・」


優也「突然すぎて混乱してるな・・・」


天使「ゆ、優也さんって人はもう・・・っ!」


優也「何だよ。美味しいだろ?」


天使「ぐっ・・・お、美味しいですっ・・・」カアアア


優也「なら良かったじゃん」


天使「ううっ、け、けどすごく恥ずかしかったんですよ!?」


優也「そりゃお互い様。さ、片付けるぞ」


天使「うー、覚えておいてくださいねーっ」


優也「はいはい、かわいいかわいい」ポンポン


天使「ふにゃぁ・・・」


優也「・・・なあ」


天使「ふぇ?」


優也「片付けたら後で頭撫でてやろうか」


天使「ええっ!?え、え、あの・・・それは」


優也「嫌なのか・・・」


天使「い、いえっ!おねがいしますっ!」


優也「おう。じゃ、さっさと片付けようぜ」


天使「はいっ!」


優也(可愛いなぁ・・・)


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証









日常に挑戦した結果


  • 最終更新:2014-07-20 12:05:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード