優也「なんでもできる程度の能力?」Ⅱ 第壱章

あの小説の続編。



時は平成。あの事件から数週間後の事だった。
事件は優也の家で起きた。



???「ゆ~や、おきてっ!」



優也「zz...あと500年...」



???「そんなに生きられないよ!起きて!」



優也「俺不老不死...後500年寝かせろ...」



???「おきなさぁーい!!!」



優也「んあー、誰だよー?……って幼馴染!?」



幼馴染「久しぶり。おはよう。」



優也「久しぶり。お早う。ところで何で僕縛られてるの?」



幼馴染「動くと困るから縛ったの!」



優也(何か嫌な予感がする。だが俺の能力でどうにか……いや、おもしろそうだ。このままにしよう)
優也「何故」



幼馴染「ふふっ」スルスル



優也「おい何で脱ぐんだよ……」
優也(14歳なのに生えていない!?)ムクムク



幼馴染「あ~れ~?おっきくなってるね~。私で興奮しちゃったのかな?」



優也「……」



幼馴染「可哀想だから出してあげよっか♪」ズルッ



優也「///」



幼馴染「うわっ、すごい……」



幼馴染「ねーこれどうしてほしい?」ツンツン



優也「……」ビンビン
優也「マスター、いつもの。」



幼馴染「あいよっ」



幼馴染「はむっ…んっ…ちゅぱっ…」



優也「……///」
優也(このまま誘導し続けて...)



幼馴染「ねぇ、挿れたい?」



優也「……」コク
優也(意外と縛られるのって痛いんだよな……我慢できるだろうか)



幼馴染「じゃぁ、『僕の汚いおち●ぽを幼馴染様のおま●こに挿れさせてください。』って言って♪」



優也「は?」
優也(ここで拒否したら終わっちまう・・・かといって能力を使ってはバレてしまう・・・クソッ!!!)



優也「……ぼ、僕の汚い…おち●…ぽを……幼馴染…様の…おま●こに…挿れ…させてくだ…さい」ギリリッ
優也(屈辱だ...)



幼馴染「ふふっ、よく言えました♪じゃ、挿れてあげるね♪」



幼馴染「んっ…痛ッ…」ズニュニュ



優也「おいおい、大丈夫かぁ?手伝おうかぁ?一気に挿れようかぁ?」グニュニュ



幼馴染「え、ちょっ…それはやめ…「えい」ズニュッ!!!」



幼馴染「あががががががががが」ビクビク



優也「処女は痛いって本当なのか。しかし、こっちも縛られてて痛いぜ...」



幼馴染「」ビクビク



優也「おい、起きろこら」ゲシゲシ



幼馴染「んあ…ご、ごめん。つい痛くて…」



優也「続けろ」



幼馴染「えっ」



優也「続けろ」ゴゴゴゴ



幼馴染「は、はいっ」ズニュッ



幼馴染「奥…奥にあた…ってる…のが…すご…」



優也「うお締まる」



幼馴染「」スルスル



優也「ん?縄解くのか?」



幼馴染「うん…で、その、お願いがあるの…」



優也「?」



幼馴染「私のことめちゃくちゃにしてほしいな」



幼馴染「こう…突いてほしいの。」



幼馴染「優也じゃなきゃやだ」



幼馴染「優也のことだけしか考えられないようにしてほしい」



幼馴染「お願い…」チュ



優也「」



幼馴染「…///」



優也「…おう」





      • ----------



ズチュッ… グチュ… …ズンッ



幼馴染「…んぐっ……んんんっ…」



幼馴染「はあっ…あっ…あがっ…んっ…」



幼馴染「んん…ゆうやぁっ! ゆうやぁっ!」



優也「うぅっ…幼馴染ぃ!」チュッ



幼馴染「…んふっ…はぁっ…ちゅ…ちゅーきもちいっ…」チュー…



優也「んっ…あぁっ…き…きもち…いいっ…」



幼馴染「ほっ…ほんとー?…嘘だ…ったら…しょ…承知しないよっ…」



優也「ほんと…うっ…や…やばいくらいっ…」



…グッチュ ズチャ… …ヌチュ



ズチュ …ズッズッ ズッズッ



優也「幼馴染ぃっ! はあっ…うんっ…お…幼馴染っ!」



幼馴染「ゆうやぁっ! ゆ、ゆうやっ、ゆうやっ!」



優也「幼馴染っ! やばい…そろそろ…いくぞっ…」



幼馴染「いって! いっちゃって! お願い!」



優也「あああっ! 幼馴染っ! いくぞっ!」



幼馴染「んぐっうぅぅっ きちゃうっ…奥にきちゃうぅぅっ!」



優也「ぐああっ…! ぬぅぅっ!」ビュルビュルッ…



幼馴染「ああああぁぁぁっ! 出てる! でてりゅうぅっ!」



優也「あがあぁっ! んんんっ…」ビュビュッ…





      • ------------------------
優也(やっちまった~wwwww俺よく頑張った!)



幼馴染「」ピクピク



優也「さてこいつどうすっか…家隣だしいいか。」







      • -----------------



優也「……」ピコピコ
ダダダダッエーセーヘー!



優也「……」ピコピコ
ドコイッタ!サガセ!



幼馴染「ううん…」



優也「おはよう」



幼馴染「あっ、ゆっ優也っ///」



優也「さすがに激しすぎたかい?」



幼馴染「///」カァッ



幼馴染「わ、わたし勉強しなくちゃっ!またねっ!」スタコラサッサ



優也「若いっていいな・・・」

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証


  • 最終更新:2012-11-25 20:41:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード