優也「いろんなことができる能力?」 1日目

あらすじ
優也に授けられた能力は「なんでもできる程度の能力」ではなく「いろんなことができる能力」だった!



優也「あれ、今日始業式じゃね」



天使「そうなんですか?私の転入は明日です!」



優也「へぇ、じゃあ学校行ってくる」



天使「いってらっしゃい!」



母「いってらっしゃい」



学校



優也「はぁ、疲れた」



友「どうしたんだよ」



優也「学校に来るまで20分も歩くんだぜ?俺の地区もチャリ通許可してほしいわ」



友「俺は5分だ。チャリ通許可してほしいわ」



優也「おま・・・5分だったらいいだろ・・・」



そんなこんなで授業終わって家帰る



天使「お帰りなさいませご主人様!ご飯にする?お風呂にする?それとも・・・」



この流れは・・・!



優也「!?」



天使「ゲーム?」ニコッ



優也「あ、あぁ・・・そうするよ・・・」(´・ω・`)



愕然とする優也。部屋に行く



夜12時・風呂に入る



天使「あ、優也さんお風呂入るんですか?」



優也「うん」



天使「じゃあ私も入ります!」
天使ちゃんマジ天使。



優也「うい」ドキドキ



楽しいお風呂の時間は過ぎ、寝る。



次の日、学校にて。
先生「今日は転校生が来る!丁重にお持て成しをしてやれ」ニヤニヤ
なんだこの変態オヤジ。天使は大丈夫だろうか



天使「転校してきた優也の親戚の天使です!よろしくおねがいします!」
カワイイーオレノヨメーワーギャーユウヤメワーギャー
先生「じゃあ席は優也の隣な」



天使「は~い」テクテク



天使「よろしくね?」ニコッ



優也「ういうい」
クソーユウヤノヤツーズルイゾーウラギリオッタカ
クラスの視線が辛い



先生「実はもう一人転校生がいる。」



転校生「そして羽ばたく中学校から転校してきました、あんみつです。よろしくお願いします!」
フツウダナ アァフツウダ ダガドコカカワイラシサガカンジラレル
なんだこのクラス



先生「じゃあ席は優也の隣な」ニヤニヤ
俺の両サイドが転校生じゃないかどうしてくれるんだハゲ



あんみつ「よろしくおねがいします」



優也「ういうい」
クソーユウヤノヤツ!ズルイ!ズルスギル!



もうやだこのクラス



そんなこんなで授業終了、下校する。



天使「帰ろ?」



優也「へいへい」
アイツテンシチャントカエルノカ!クソガ!
俺もリア充か・・・



ふと前に見覚えのある後ろ姿が。



あんみつ、と言ったか。



優也「よう」



あんみつ「あ、優也さん・・・でしたっけ?帰り道こっちなんですか?」



優也「うん」



あんみつ「一緒に帰りましょう!」



優也「だ、そうだ天使」



天使「いいですよ」ギリッ



???「ッ・・・」コソコソギリギリ



家につく。



優也「んじゃ俺の家ここだから。」



天使「私も~」



あんみつ「お二人とも同じ家なんですか!?それに私の家の隣!奇遇ですね」



優也「まぁこいつ親戚だしな・・・家が隣ってのはほんとに奇遇だな。んじゃ」ノシ



あんみつ「はいっ」ノシ



天使「・・・」ノシ

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証


  • 最終更新:2012-11-25 20:49:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード