優也「いろんなことができる能力?」Ⅱ 第4章

あらすじ
前作読め!!!


優也「あ。そういえば天使もこっち来てるんだよな・・・」


いろんなことができる能力で搜索・・・何で天界にいるんだあいつ


優也《おい天使、なんで天界にいんだ》


天使《田舎市に家ないです》


優也《んじゃ俺の家で居候でもしてろ》


天使《はーい》


数十分後


天使「こんにちはー」


優也「遅い。遅い。遅い。」


天使「え、えぇ・・・これでも超急降下で降りてきたんですよ。優也さんがそんな事言いそうだから・・・。」


優也「それでも遅いものは遅いの」


天使「えーひどいですー」


優也「次からは死ぬくらいのスピードで来い」


天使「えぇ!?死んじゃうの嫌です」


優也「はいはい」


天使「はいはいじゃないですよ~」


優也「はいはい」


天使「うぅ」


優也「よしよし」ナデナデモミ


天使「さりげなく揉んでもバレてます」


優也「だよなあ」


天使「優也さんなら揉んでも構いませんけどね」


優也「やだこの子ペットにしたい・・・」


そんなこんなで夜になりました
すでに親戚には事情を話してある


下姉「・・・チッ」ペッタンコ


上姉「?」ボイン


天使「?」プヨン


優也「何やってんのお前ら?」


下姉「胸が大きくならない」


上姉「普通に過ごしてたらFだよ」


天使「普通に過ごしてたらCになりました」


下姉「普通に過ごしてたらAだよ、ふざけんなよ」


優也「なんだこいつら・・・」


優也「あのなあ、姉貴」


下姉「ん?」


優也「貧乳はステータスだ。希少価値だ」


下姉「自信持つよ」


優也「貧乳は自信持ったらダメ。大きくなりたいと日々思い小ささを恥じるのがいいんだ」


上姉「あー優也がこれになったら止まらないね・・・天使ちゃん、妹達と遊んでこよう」


天使「そうですね」


それから3時間後
下姉「(´・ω・`)」ショボーン


下妹「おねーちゃんどうしたの?」


下姉「ううん、なんでもない」


上妹「胸」ボソッ


下姉「!?」


優也「ま た 胸 か」


優也「お前らおっぱいしか頭にないのか変態め」


下姉「変態に変態と言われたくないと思うよ・・・」


天使「同感」


優也「俺は変態じゃねえ!!」


上姉「変態だね」


上妹「変態」


下妹「おにーちゃんへんたいさんー?」


優也「ぐわああ!!!下妹の攻撃力高すぎる!!」


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2012-11-25 20:58:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード