優也「いろんなことができる能力?」Ⅱ 第1章

あらすじ
予定変更、戦国時代省略



学校



担任「HRはじめるぞー」
うんたらかんたら



担任「で、だ。突然だが優也と天使が親の事情で半年ほど田舎市の田舎村に転校することとなった」



優也「そうなの!?」



天使「そうなんですか!?」



あんみつ「優也さんと離れる・・・イヤ・・・グスッ」



そんなかんじでHR終わる



優也「どういうこっちゃ・・・」



天使「中の人が予定変更で田舎での暮らしを書いていくっぽいです」



優也「予告すんな!メタ発言すんな!おっぱい揉ませろ!!」



天使「ごめんなさーい」



優也「柔らかいから許す」モミモミモフモフポヨンポヨーン



あんみつ「ふ、ふたりともなにしてるんですかっ!?」



優也「おっぱい揉んでる」



天使「おっぱい揉ませてます」



あんみつ「な、なら私「揉むおっぱいがない」」
あんみつ「」ガビーン



優也「ま、そこまで言うなら揉んでやろう」



天使「ぺったんこのどこを揉むんですか?」



あんみつ「ぺっ・・・!?」ガビーン



優也「うーむ、確かにそうだ・・・こっちはどうだろう」カンチョー



あんみつ「はわっ!?な、何してるんですか!!!」



優也「揉む乳がない。ふとスカートを透視するとそこには2つの大きな乳があった!!俺はその間に指を入れてみたいと思い、今に至る」



あんみつ「・・・・・・」ドガッ



天使「殴る気持は良くわかります」



優也「すごく・・・痛いです・・・」



そんなこんなで家



親と話す



田舎に行くのって本当らしい



田舎って電気通ってるんだろうか。
インターネットに接続できるんだろうか。



様々な不安が頭をよぎる。



どうでもよくなって風呂はいる。



優也「明日、か・・・」



すっ、と布団に入る。



今までの思い出を振り返りながら寝た


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2012-11-25 20:54:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード