リテイク:ショットガンロンパ prologue

 最後に白い布があった。
 僕の頭部を包む白布。
 読経が聴こえる。立会人の、弁護士のものだと思う。
 思う、というのは大して興味も無いからあまり覚えてないのだ。それだけの事だ。
 次に、一瞬の苦しみがあった。
 多少悶えて、意識が徐々に失われていく。
 嗚呼、これが死ぬという事なのか、これが生命の損失か。
 僕――天野昴という男の人生に特筆するべき事など、あまりない。
 ただ、欲望に忠実に生きて来た。自分を曲げる事なんて、少ししか無かった。
 やりたい事をやって、結果なんて後からついてきた。いつの間にか超高校級と呼ばれて。
 そして、首を吊られる。
 終わりはいつか来るものだ。存在している限り、避けようのない運命だ。
 何万光年と続いているこの世界で、常に無と有は行き交っている。
 人生にコンティニューボタンは無い。巻き返しも、リプレイして聴き直す事もできない。
 当然にあって、必然であって、みんな愕然とする。
 然し、いくらもがいても変わらない現実は目の前だ。ただ、正解は受け入れるのみ。
 天野昴は、静かに薄く笑った。
 永くて短い独白のあと、僕は死んだ――はずだった。
 無。
 あ、と気づく。心地良く冷たい無を遮るように、ほろりと小さな光が零れて広がった。
 それは黒いキャンパスに少し混ざった白のようで、些細であるが侵食していく。
 生きている、と気づく。何故だ、と疑問が浮かぶ。
 そして、上半身を起こすような感覚で、眼を開けながら身体を動かした。
 それは青空。いや、青空のようなデザインの天井。
 雲が動いてないから、寝起きの頭でも理解できた。それに太陽も無い。
 では灯りは何処から、と当たりを見回すと至るところに電灯があった。
 一通り見回して、何となく脳内マップを作る。
 公園の様な場所のベンチの上が、今の現在地点だ。
 上半身を起こしただけの状態から体勢を移し、ベンチの真ん中で普通に座り直して僕は考える。
 なんだ、この状態。
 僕は死んだはずだ。いや、死んだつもりだけど死んでなかったのだ。
 死刑は執行されなかった。未成年だからか? 高校生だからか? いや、国民の総意で僕は殺されたはずだ。
 笑う。ウケる。物語は、ゲームは続いていた。
 油でベタついた長髪をポリポリと掻きながら、予定を考えていた――ところを、突然響いた声に邪魔される。
「諸君――こちらをご覧あれ」
 重々しい男の声だ。
 声の主を探して、あちらこちらに視線と頭を動かした。やっと見つけたのは南南西の天上に付けられた巨大なディスプレイ。
 ナチスを模したような軍服を着た、ふざけた奇怪なマスクの男がいた。肌色の吹き出しような何かに適当に笑顔のパーツを貼り付けたような、不快で面白い異形。
「へえ……」
 思わず、興味の声が漏れる。
「やあ、超犯罪級の囚人たち。私はあばしり君。君達のサポーターだ」
 と、言うとバカでかい声で高笑いをし、咳払いして話を続けた。
「今、ここには死刑になるはずだった十五人の囚人がいる。そして、ここは私の創った箱庭。さて、君達にも色々な考えがあるだろう。脱したい、生きたい、どうでもいい。まあ、何でもいい……。だが、私は神ではない。叶わない――いや、叶えない。」
 僕は頬をついて、情報を整理する。
「君達には個性がある。ゲーム、ミリタリー、演劇、デザイン、脚本、学習能力、騎士道、傍観者、色欲、天才性、カリスマ、凡庸、聖人、ロックンロール、ヴァーチャル――多種多様な個性だ」
 一本の指を伸ばして、あばしり君は言葉を続ける。
「本来、我らが日本国を偉大なものにするはずだった天才の種は、つぼみを咲かせる事なく――否、希望のアサガオではなく絶望のラフレシアとして咲いてしまった。あまりにも、あまりにも嘆かわしい。よって諸君、コロシアイを行いたまえ」
「ぷっ……。あは、あはははは!」
 思わず、吹き出してしまう。陳腐すぎて。
「先程も言った通り――この箱庭が舞台である。この中で殺し合うも合わないも自由であるが、殺し合わなければならない動機を私が絶え間なく与えよう。そして、生き残ったものに新たな生と願いの成就も――。如何かな?」
 男が語り終わって場面は暗転し。ぷつんと、映像が途絶えた。
「ははっ!! ひ、ひひひひっ! あひぃ……! ぎゃはっ、何て……何てツマラナイゲームなんだ!! トゥルーエンドへのルートがっ! 眼に見えるようだよお!」
 腹を抱えてベンチの上で嗤う。あまりにも、面白くて。
「あァ、いいね。最高だ。面白い」
 重い腰をあげて、僕は歩き出す事にした。未来へではなく、絶望へでもなく、希望なんて勘弁だが。
 何となく、思いついた面白そうな方へとスキップしながら向かった。
 あてのない謎解きを始めに、鼻歌交じりで――。
 天野昴(オレ)のコンティニューを終わらせよう。



【ショットガンロンパ ――攻略セヨ。才悩人囚容施設エリュシオン―― 】 はじまらない。

  • 最終更新:2017-07-10 00:53:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード